金五万円也(頭をよくする方法)

金五万円也(頭をよくする方法)

 外出した帰り、時間はまだ午後の二時である。会館の前でバスを降りて考えた。

 「今日は木曜日、あのー会の例会は木曜だったなあ」と、

 ふと気がついて、会館の前へ立寄って、本日の催しの札を読んでいくと、一番最後にある。

丁度月一回の木曜日の集合の会の名札が、

 「あゝうまいこと、どんぴしゃりと勘が当った」と、

 内心わくわく、ところがである、通常は夜間である筈の集会が、会館の使用時間十三時より二十一時とある。

 「少し変だなあ!」

 小首をかしげて考えてみても、得心がゆかない。

 「まゝよ、一遍三階まで上って慥かめてみるか」

 とことこと三階まで上って、とっかかりの部屋を恐る恐る覗くと、口の字形に並べてある机の正面に、顔見知りの合の世話役さんが、でんと構えてござる。

 「時間通り合は開かれるらしい」

 ドアの前に立つと、お茶の用意をされていた年輩の女性二人が、こちらに気付かれて、

 「まあ!珍らしい。どうぞお入り」と声をかけて下さる。

 「ご無沙汰いたしております。今日は昼間から会なんて、何ですの?」

 「いえね、本を出す打ち合せですねん」

 「あゝ!いつもの本?今年はまだですか」

 「本てなかなか出んもんだんなあ、六月末か七月始めにやっと」

 と、世話役の男性、馴じみの女性Aさんが、

 「まあ!ゆっくりしなさいよ。

まだ人も見えてないし」と

 椅子をすゝめて下さるので、厚顔しい闖入老は、その上座に近い椅子にでんと腰を下ろす。と、もう一人の女性が、茶菓子とお茶の接待をして下さる。

 そうこうしている内に、恰幅のいいこの会の会長さんがご入来。賑々しく又一と通り挨拶がすむと、会長さんの赤銅色の顔を眺めてAさん、

 「もう、一杯飲んだはりまんのか」

 「いやあ!飲んでえしまへんで」

 「それにしては赤黒いでんな」 闖入者

 「肝蔵病と違いまっか」と、

 「皆にそういわれまんねんけど、いたって丈夫で、このところ、休みには近隣の山歩きをしてるから、日に焼けてまんねん」

 「成る程、よろしいなあ」

 それから、この前の日曜は、榛原の奥の方を歩いてきた話、などなどのつづきに、

 「この間、こんな話を聞いてきました。京都で―――」

 「どんな話でんの?」

 女三人会長さんを注目、

 「その先生の口演、何と一時間六十万円でっせ」女三人

 「へえええー」と、驚く

 「紹介されて、壇上へのこのこと出てきた人は、ダブダブの夏ズボン、上着は厚手のセーター、上下アンバランスの服装、スタイル一向おかまいなし。一見田舎のおっさんでんがな」

 「?」

 「偉い人は、風体なんてかもたはれしまへんな。そのおっさん風の先生が、一時間の口演、そりやあすごいもんでしたで、立板に水、優に普通の口演者の三時間分は、たっぶりある内容でしたなあ」

 「へええ!」と又三人、

 「その中に『頭をよくする方法』というのがありましてな、第一は砂糖……」

 「ちょっと待って頂戴」

 闖入の女、紙とペンを取り出す。

 「忘れるよって控えときますわ。

呆けんように。第一は砂糖でんな、何で砂糖なんかええねんやろ?」

 「食べ過ぎはいけまへんやろけど」

 会長さん茶菓子のかしわ餅をつまんで見せ、

 「こんなのは遠慮せんと、ぱくっとこう食べます」といいつゝ、

 餅を口へほうり込む、皆笑う。

 「恐れんでもよろしい。砂糖をスプーン一杯、ぱくっと一と口に食べてもよろしいねんで。砂糖は人間の体にええそうだ。頭にも」

 「二番目は酸素、運動してぽくぽくと酸素吸うて、全身にO(オー)をめぐらさんとあきまへんのや。一番ええ方法は水泳で、水中に潜って息をとめといて、ぱっと吸うあれがよろしい。風見鶏の首相はたしかに賢い、水泳をやったはりまっしゃろ、あれ頭をよくする為に一番 ええ方法だ」

 「私ら貧亡人は、そんなことでけしまへんがな」

 「そこでだ、洗面器に水を張って、顔をつけて息をつめて、それからぱっと顔を上げて酸素吸いまんねん」

 「成る程」

「三番目、笑い、これは誰でもいつでもやれまんがな」

 「ほんま」

 「四番目、時々頭を空っぽにする。どうしてするか、まあ座禅を組むことだんな、これも風見鶏の首相がやったはりま。

偉うおまんな!あの人案外」

 「五番目、海外旅行」

 「へええ?」

 「これは国体の観光旅行はあきまへんねん。一人でぱっといって向うの人と接触すること、そしていろいろ知ること。

話一つでも通じるか通じないか、いくら気を使うか分れへんし、怒らすかも分らへんし、そこを通り越してくるんでんな」

 さて闖入老である私は、家へ帰って早速と、この頭をよくする方法を実行することにしたのである。


総目次、 金五万円也(頭をよくする方法)2